こんなに違う!低金利でお金を借りるなら銀行カードローンがオススメ

金利は低いほうがいい、、、でも、急いで借りたいという方はコチラをクリック!

 

お金を借りる方法には消費者金融のキャッシングか銀行カードローンがあり、それぞれ低金利かどうかやサービス面についてメリットやデメリットが存在します。

 

利便性の消費者金融

消費者金融は契約者を増やすために敷居を低くしているため、収入の少ないパートやアルバイトであっても利用が可能で、審査基準もかなりゆるい状態です。
しかし、多くの人が利用できるようになっているためか低金利でお金を借りるハードルが高く、返済時にいくらかの利息を支払うことになります。

 

低金利の銀行カードローン

銀行カードローンは無理に貸し出すようなスタンスはとっておらず審査が厳しいため、収入の少ない人や何らかの問題を抱えている場合は弾かれてしまうことがあります。ただし、金利が低金利に設定されているので大型融資でお金を借りる場合には大きなメリットとなります。

 

低金利と聞いてもしっくりこず、どれだけの違いがあるか分かりにくいこともあるので、実際にお金を借りる場合にどれだけの利息を払っているか比較してみると分かりやすいでしょう。

 


こんなに違う!低金利でお金を借りるなら銀行カードローンがオススメ
銀行カードローンは安心度100%しかも低金利でお金を借りられます
低金利で借りるカードローンランキング
金利から見るオトクなお金の借り方ガイド
あなたも通る〜銀行カードローンの審査基準を検証します
主婦がお金を借りるなら銀行カードローン
郵送物なしOK!銀行カードローンも家族に内緒で

すぐにお金を借りたい時に役立つカードローン
金利を気にする人は必ず利用すべき無利息期間とは?
シミュレーションで納得!低金利の銀行カードローンは返済も安心です
銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底検証
お金を借りる場所は消費者金融と銀行だけではないんです!
誰とも会わずにお金を借りることができます
お金を借りるときの審査注意ポイント
低金利でお金を借りるなら三井住友銀行カードローンが選ばれてます

 

一般的に消費者金融が出している金利は18%、低金利と言われる銀行では15%前後となっています。

 

ただが3%の差ですが、例えば300万円を借り入れた場合は、消費者金融で36回払いを選択して月々108,457円の返済となります。

 

合計で3,904,452円の支払いとなるので904,452円が利息となります。対する銀行では同じ支払い回数で月々103,995円が返済額となり、合計で3,743,820円、利息は743,820円となります。

 

これだけの違いがあるので、どちらでお金を借りることが良いかは言うまでもないでしょう。

銀行カードローンは安心度100%しかも低金利でお金を借りることができます

 

銀行カードローンでは、低金利だから、返済総額が多くならず、安心してお金を借りることができると思う方も多いでしょう。

 

ただし、利用する前に気をつけてもらいたいのは、低金利な分だけ審査基準が高めということがあります。

 

属性が高めでも、返済遅延を何度か繰り返したり、滞納期間があったりすると、在籍確認をする前に落とされることがあります。

 

また、アルバイトやパートでもお金を借りることができると言っても、収入が基準に足りなかったり、勤続年数が1年未満であったりする場合は、低金利でお金を借りる以前に審査落ちする危険性もあるので注意しましょう。

 

銀行カードローンは低金利で借りることができるって本当?

銀行カードローンは低金利ですので、利息の付き方が少ないと考えられがちです。

 

しかし、月々の返済額が生活が破綻しないように、最小限の金額で返済できるような支払方法になっていることがほとんどです。

 

最低限の借入額で、2000円から5000円くらいの金額で返済できるようになっている銀行カードローンがほとんどですので、生活に支障がない範囲で返せるため、安心してお金を借りることができると感じるでしょう。

 

金利の計算方法は、元金と利用残高にかかる複利計算

早めに返済をしないと、金利が多くかかり総支払額が多くなってしまいます。支払いの当初は、低金利と言えども利息の支払いがほとんどですので、元金が減らずになかなか残高部分を返せません。

 

安心してお得にお金を借りるには、早めの完済を考えた方がいいでしょう。元金部分が早く減らせる随時払いにも対応している低金利の銀行カードローンもありますので、積極的に利用するといいでしょう。

低金利で借りるカードローンランキング

30日間無利息が人気のプロミス

プロミス収入証明不要

 

 プロミスが人気の理由

30日間無利息サービスを使えば金利負担なし!
最短1時間で現金を手にできる圧倒的な融資スピード
平日14時までにWEB契約が完了していれば当日振込も大丈夫!
家族にバレたくない人は要チェックのカードレス対応

 

融資スピード 最短1時間
限度額 1〜800万円
評価

 

プロミス公式サイトはこちら

はじめてでも安心のアコム

はじめてでも安心のアコム

 

 アコムが人気の理由

最短1時間!業界トップクラスの審査スピード
契約した次の日から30日間無利息
楽天の口座があれば24時間対応の振込サービス
PM10時まで最短1時間でキャッシング可能

 

融資スピード 最短1時間
限度額 1〜800万円
評価

 

アコム公式サイトはこちら

ユニークなCMで人気アイフル

アイフル

 

 アイフルが人気の理由

最短30分で審査が完了する圧倒的なスピード感!
はじめてなら最大30日間無利息
カード郵送も時間帯指定ができるから家族にバレにくい

 

融資スピード 最短1時間
限度額 1,000円〜500万円
評価

 

アイフル公式サイトはこちら

 

金利から見るオトクなお金の借り方ガイド

キャッシングを行ないたい場合に選択肢として挙げられるものには主に、消費者金融と銀行カードローンとクレジットカードキャッシングの3つがあります。

 

それぞれにメリットとデメリットはありますが、最も気になる部分はやはり金利ではないでしょうか。低金利な方が返済額は減るため、金利はできるだけ低いに越したことはありません。

 

数字だけで見れば最も低金利なのは銀行カードローンになります。

 

銀行は消費者金融などに比べて審査がやや厳しめともいわれていますが、そのぶん審査に通れば低金利でお金を借りることができます。とくに長期で利用していきたいという方は、長い目で見たときに低金利な銀行カードローンはお得な借り方になります。

 

消費者金融は金利面では銀行カードローンよりも高くなるものの、無利息期間などのサービスを利用することで、銀行よりもお得に利用できることがあります。借り入れから返済までが短期である場合には、消費者金融のほうが返済費用を節約できるケースもあります。

 

クレジットカードキャッシングは金利面においては消費者金融とあまり変わりません。

 

クレジットカードさえ持っていればお金を借りることができるという利便性はありますが、金利だけで見るとメリットは少ないといえます。利便性で考えると、普段使いをするよりも海外キャッシングやどうしてもお金が必要な場合など、いざというときに役立つカードであるといえます。

あなたも通る〜銀行カードローンの審査基準を検証します

 

日常の暮らしの中でふとお金の不足が生じた時、お金を借りるサービスを活用すると手軽かつスピーディーにお金を借りることが可能となります。

 

中でも銀行カードローンは銀行ならではの低金利にてお金を借りることができるので、利用者にとって負担も少なく、また銀行ならば世間的な知名度も高いので安心して契約できることでしょう。

 

総量規制対象外だからいろんな人が利用できる

銀行カードローンは総量規制対象外のため、消費者金融に比べると幅広い利用者層が活用できる現実があります。
しかし審査の過程では、銀行機関ならではの基準の高さを印象付ける場面もあります。

 

例えば信用情報機関への照会を通じて過去に返済が遅れたり、返済不能になったことが判明すると審査落ちする可能性が高まりますし、また他社からすでお金を借りている場合には返済不能に陥るリスクが高まるとの判断によって審査落ちすることもあります。

 

また、お金を借りる審査の際にはアルバイトや専業主婦などでも借り入れが可能とされているものの、借り入れ限度額は実際の収入に比例して決定されますし、また全くの無収入の人には身元を保証してくれる夫や親の氏名や職業、年収を申告しなければならないケースがほとんどです。

 

安定した収入があることは絶対条件

つまり、総量規制対象外の低金利でお金を借りることができる銀行カードローンとはいえ、安定した収入があることは絶対条件となりますし、さらに融資金の使い道がきちんと明確化されていることが求められるケースもあります。

 

他にも収入、年齢、職業、勤務先、年収、家族構成、賃貸か持ち家かなども審査のポイント。

 

さらにその銀行に預金口座を開設しているか、いくら預金しているかも信用度を精査するにあたり重要な点となります。

 

主婦がお金を借りるなら低金利の銀行カードローン

主婦が借りるなら銀行カードローン

 

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。20歳以上で安定収入があるという利用条件もあるので収入のない専業主婦は消費者金融を利用する事が出来ません。

 

即日融資を受ける事が可能でお金に困った時に便利な消費者金融を利用する事が出来ないのは不便ですが、銀行カードローンなら主婦でもお金を借りることが可能な場合があります。

 

低金利の銀行カードローンは総量規制対象外

銀行カードローンは総量規制対象外なので基本的に年収に対する規制をする事はしません。しかし返済延滞などをされてしまうと銀行側も困ってしまうので返済能力があるかどうかはしっかり求められます。

 

それで専業主婦が銀行カードローンを利用するには配偶者に安定した収入があることが条件となります。配偶者に安定した収入があれば審査で返済能力があると判断されて融資可能になるので主婦でも低金利でお金を借りることが出来ます。

 

どうしても主婦は制限がかかってしまう

主婦が銀行カードローンを利用してお金を借りる時は通常の人が利用する時より制限されてしまいます。利用限度額が50万円までに制限されたり審査の時間がいつもより長引いて融資を受けてお金を借りるまで数日かかってしまいます。

 

主婦が銀行カードローンを利用して低金利でお金を借りる時は制限がある事を頭に入れておきましょう。

 

郵送物なしOK!銀行カードローンも家族に内緒で

銀行カードローンも家族に内緒がいい

 

銀行のカードローンは低金利でお金を借りるという点では申し分ありませんが、その代わりローンカードや契約書類が自宅に郵送されるのが基本となっています。

 

そのため、家族等に内緒でお金を借りることは不可能だと思われるかもしれませんが、実は銀行でもやり方次第でそれが可能となる方法は存在するのです。

 

ローン契約機でカード発行

 

自宅への郵送物を少しでも防ぐ手段としてローンカードを郵送されないようにするというものがあります。これは、意外と簡単に行うことができ、要は三井住友銀行のようなローン契約機でローンカードを受け取ってしまえばよいのです。

 

ローン契約機を取り扱っている銀行としては、三井住友銀行をはじめ三菱東京UFJ銀行、新生銀行等が挙げられます。

 

さらに、これらの銀行のローン契約機は平日以外の日でもお金を借りることが可能で、新生銀行に至ってはいつでも24時迄稼働しており、その他の2つの銀行でも比較的遅い時間迄利用出来るので大変便利です。

 

キャッシュカード兼用型が優れもの

 

郵送物を少しでも防ぐもう一つの手段として、キャッシュカード兼用型のカードを利用するという方法もあります。

 

この仕組みはみずほ銀行等で取り扱われていて、申込み時にみずほ銀行の口座を持っていることで既に手元にあるキャッシュカードで低金利でお金を借りることが出来るというものです。

 

どこの銀行でも同じですが、銀行側では口座番号が分かれば、利用者を特定出来るようになっていて、キャッシュカードでお金を借りることが出来るのは、この仕組みによるものとされています。

 

キャッシュカードであれば、財布に堂々と入れておくことが出来るので、こちらも非常に便利な方法と言えそうです。

 

すぐにお金を借りたい時に役立つカードローン

 

出費が重なって金欠の状態になるとお金を借りる事を考えてしまいますが、友人には相談しづらいですし困ってしまう事も少なくありません。そんな時はカードローンを利用するのがオススメです。

 

カードローンは審査が即日回答なので即日でお金を借りる事が出来ます。また便利な利用方法もいくつかあるので紹介していく事にしましょう。

 

ネットでカンタン即日融資

 

スマホの普及によりカードローンの申し込みもネットが主流になりつつあります。ホームページからWEB完結で申し込みをする事になるので来店不要で手続きを済ませる事が出来ます。

 

本人確認書類の提出もスマホのアプリでアップロードして提出する事が出来るため業者側にすぐ届ける事が出来ます。審査も即日回答なので可決された後に契約手続きを済ませれば融資可能の状態になります。

 

お金を借りる時も振込キャッシングを利用する事になるので融資の依頼をすればすぐに指定の口座に振り込んでもらえます。もちろん即日でお金を借りる事が出来るので簡単ですごく便利な方法です。

 

自動契約機は申し込みから、その場でカード発行で低金利で借りる

 

カードローンを利用する時に融資スピードを重視する場合は自動契約機で申し込むのがオススメです。自動契約機に入室すると契約機と電話が設置されていて契約機の画面のガイダンスの指示に従って操作していきます。

 

ガイダンスの指示だけでは分からない時は設置されている電話でオペレーターに質問する事が出来るのでスムーズに手続きが完了します。

 

審査が可決されて契約完了したらその場でカードが発行されるのですぐお金を借りる事が出来ます。

 

ほとんどの業者が即日でお金を借りる事が出来て特に融資スピードが優れている業者は申し込みをしてから最短1時間で融資可能になります。低金利ですぐお金を借りたい場合は自動契約機で申し込みをするといいでしょう。

シミュレーションで納得!低金利の銀行カードローンは返済も安心です

 

お金を借りるときは、適切な返済計画を立てなければなりません。
金利が高ければ、それだけ結果的に負担が大きくなるので、見かけの金額に惑わされることなく、しっかりとシミュレーションをすることが大切です。

 

たとえば、2500万を30年ローンで借りた場合、金利が1%上がっただけで、約500万円も差額が生じてしまいます。

 

そうすると、1年あたりの返済額が15万円以上の負担増となってしまうのです。これは、借入額にもダイレクトに影響しますので、生活の質を大きく落とすことになりかねないのです。そのため、返済額だけではなく、いかに低金利でお金を借りることを選択できるかが鍵となります。

 

低金利で使える銀行カードローン

 

一般の消費者金融などに比べて、銀行カードローンは低金利で利用することができます。
しっかりとした審査はありますが、見方を変えれば返済能力があることを証明してくれることでもあります。

 

つまりは、積極的に利用することによって、大きな生活の助けとなりってくれるのです。

 

負担の少ない返済が可能です

 

また、銀行カードローンの場合は、お金を借りるときに担当者と一緒に返済シミュレーションを行ってくれます。
月々の返済額に加えて、ボーナス時にまとめ払いすることや、よりお得な低金利の選択を共に考えてくれます。
このようにお金を借りるだけではなく、返すことにも親身に手助けしてくれる銀行カードローンは、まさに賢い選択といえます。

 

大きなローンであるほど、低金利の銀行カードローンを活用して、負担の少ない返済を行っていきましょう。

銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底検証

銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底検証

 

銀行カードローンと消費者金融の一番大きな違いは総量規制の対象であるかどうかです。
総量規制とはお金を貸す時に年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないという決まりで、貸金業法という法律で定められています。

 

消費者金融では専業主婦だと低金利でお金を借りることはできない

消費者金融の業務内容は貸金業法で決められているので、消費者金融からは年収の3分の1を超えるお金を借りることはできません。また専業主婦など自分でお金を稼いでいない人も利用できません。

 

ただし消費者金融でもおまとめローンなど利用者にメリットが大きいサービスであれば、総量規制の対象外となり低金利でお金を借りることができます。

 

配偶者に収入があれば低金利でお金を借りることができる

一方の銀行カードローンの内容は銀行法という法律で決められています。銀行法には総量規制がない為、年収の3分の1を超えるお金も借りることができ、専業主婦など働いていない人でも配偶者や家族に安定した収入があれば利用することができます。

 

銀行カードローンの方が審査が厳しく時間がかかることを除けばその他には大きな違いはありません。

 

審査が厳しい銀行では結果がでるまでに1週間以上かかるところもありますが、即日審査融資が受けられるところも増えている他、無人契約機を使用すれば誰にも会わずにお金を借りることができます。

 

低金利に拘る人は必ず利用すべき無利息期間とは?

 

お金を借りるとどんな場合でも金利が発生します。金利が発生すると当然借りた金額より多くの金額を支払う必要がでてきてしまいます。

 

急場をしのぎたいのでお金を借りるだけですぐに返済できるという状況であっても利子が発生してしまうのはバカらしいと思う方も多いでしょう。そうしたニーズに応えるため低金利とは言えない消費者金融ではサービスの一つとして無利息期間を設定している会社もあります。

 

サービスを実施している会社にはアコム、プロミス、アイフル、レイク、ノーローンなどがあります。各社によって無利息期間の設定期間や対象者は若干異なるので、気になる方は各社の契約内容をよく確認する必要があります。

 

設定期間の決め方には、契約日翌日から30日間だったり、初回借入日から30日間だったりと別れていることも注意が必要です。

 

その中でも特徴のあるサービスを提供しているのはレイクとノーローンです。レイクの場合は無利息期間を初回契約日から180日を選ぶか30日を選ぶのかの2択です。180日の場合は上限金額が5万円までということは忘れてはいけません。

 

5万円以上借りないという人には180日間無利息を選んだ方がいいですが、5万以上借りる人は30日間無利息コースを選んだ方が金利の支払いは結果的に安く済みます。

 

ノーローンは借入日の翌日から7日間は何回借りても全て無利息となります。ただ7日と期間が非常に短いことには注意が必要です。このように無利息期間を考えて会社を決定する場合は、各社の契約内容を必ず確認して申し込みをすることが大切です。

お金を借りる場所は消費者金融と銀行だけではないんです!

消費者金融と銀行だけではないんです!

 

今すぐに借入れしたいときに役立つのがカードローンであり、代表的な借入先としては利便性の高い消費者金融と低金利でお金を借りることができる銀行があります。

 

ほとんどの方はこれらの金融機関から借りていますが、それ以外にも信用金庫・信用組合・労働金庫などからも低金利でお金を借りることもできるのです。

 

これらは非営利の金融機関のため、消費者金融や銀行よりも低金利でお金を借りることができるところが多いです。はじめて借りる方にも11%や12%などの超低金利を設定してくれることがあります。

 

通常、はじめての融資で14%未満の低金利を設定してくれる金融機関は消費者金融・銀行にはほぼありません。
はじめてお金を借りる場合では金利が高くなるのが普通であり、5%〜18%の設定ならば18%になると考えておくべきでしょう。

 

意外な借入れ先がここ

信用金庫・信用組合・労働金庫などは審査が厳しいと思うかもしれませんが、組合員ならば消費者金融・銀行と同じ感覚で低金利でお金を借りることができます。

 

カードローンでお金を借りることが可能であり、緊急時にお金を用意したいときに役立つでしょう。繰り上げ返済も行えるので、短期返済して利息を抑えることもできます。

 

カードローンは金利が高くて困ることはあっても、低くて困ることは絶対にありません。
まとまった融資になるほど1%が効いてくるので、信金などの低金利でお金を借りることができる金融機関の利用も考えましょう。

誰とも会わずに低金利でお金を借りることができます

誰とも会わずにお金を借りることができます

 

お金を借りる手段といえばカードローンが思い浮かびますが、利用するためには契約する必要があり、店舗に向かうことで近所や知り合いの人に会うことがあるのではと心配になる人もいるかもしれません。

 

WEB申し込みなら会わずに借りれる

最近のカードローンの申し込み方法にはWEB申し込みというインターネットを利用したものがあり、外出せずとも家に居ながら契約を済ませることが可能となっています。

 

WEB申し込みにはパソコンかスマホで行うことができ、誰とも会わずに契約してお金を借りることができるので人気があります。

 

好きな時間に申し込みできるのがいい

また、店舗の営業時間とも関係なく24時間いつでも申し込みが可能という点も強みで、土日祝日や深夜に関係なく申し込みが可能なため仕事から帰ってきた後でも申し込み欄にじっくりと入力できます。

 

審査についても平日ならその日のうちに結果を知ることも可能で、最短で30分以内、遅くとも翌日には連絡がくるので急いでいる人でも気軽に利用できるのが大きいです。

 

WEB完結が人気の理由

カードローンというとお金を借りるためにカードが必要と思われるかもしれませんが、最近ではネットバンクに対応した融資の方法があるため、全てをWEB上で済ませることも可能です。

 

対応したネットバンクを持っていれば、融資の申し込みから5分程度で入金されるので、すぐにお金が必要という状況でも安心して利用できます。

お金を借りるときの審査注意ポイント

 

カードローン会社からお金を借りる際には審査を受ける必要があります。
審査の項目として共通しているものとしては信用情報でチェックされる現在および過去の借り入れ状況などです。過去に滞納しているといった事実があれば、審査に通りにくくなります。

 

審査ではこんなところがチェックされます

ついでチェックされるポイントは、、、

  • 勤務先や勤続年数
  • 転職歴、収入などの勤務状態
  • 居住形態と居住年数
  • 既婚か未婚か
  • 同居家族の有無
  • 性別
  • 年齢
  • 資産の状況

などです。
これらの情報を事細かく提供することではじめて低金利でお金を借りることが可能になります。

 

一方で注意ポイントとしては、勤務先への在籍確認です。在籍確認とはその人が実際に会社に勤めているかどうかを調べるもので、多くは電話によって行われます。もちろん勤務先にはわからないように行われます。

 

低金利でお金を借りる審査注意ポイントまとめ

このあたりも業者によって審査の基準が変わってきますが、借り入れ金額が少ない場合には最小限のチェックで済ませるケースもあります。なお、省略する場合でも健康保険証や社員証など在籍が確認できる書類を提出する必要があります。

 

いずれにしてもはじめてお金を借りる場合で借入れる金額に対して返済能力があるかどうかがポイントになります。

 

低金利でお金を借りるなら三井住友銀行カードローンが選ばれてます

 

女優の吉高由里子さんが「口座がなくても大丈夫」とテレビCMで言っているように、三井住友銀行カードローンは当行の口座がなくても低金利でお金を借りることができます。

 

おまけに審査時間が最短30分でしかも即日融資可能という消費者金融並みの融資スピードと、年4~14.5%という低金利でお金を借りることができます。

 

ですから三井住友銀行カードローンは、「早急にお金が必要だけど金利の高い消費者金融はちょっと」という方に最適のカードローンです。

 

三井住友銀行カードローンの金利を詳細に見てみよう

 

契約極度額によって金利は異なり、100万円以下なら年12~14.5%、100万円超200万円以下なら年10~12%などとなっています。

 

契約極度額 100万円以下 100万円以下
金利 12~14.5% 10~12%

 

一般的に1番借りられている100万円以下の金利を見ても、消費者金融の年18%と比較しても圧倒的に三井住友銀行カードローンの方が低金利なのが分かります。

 

また三井住友銀行カードローンは総量規制の対象外で年収による制限を受けません。

 

三井住友銀行カードローンの契約極度額は最大800万円で、その時の金利は年4〜4.5%とかなりの低金利で、おまとめや借り換えローンとしても最適です。

 

もちろんSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証してくれるので、巨額な融資も保証人や担保は不要です。

 

なお300万円を超える融資の場合には、現在の収入が確認できる書類(源泉徴収票や確定申告書、納税書など)の提出が必要です。

 

三井住友銀行カードローン公式サイト 低金利で借りれる三井住友カードローン
三井住友カードローン

 

 三井住友カードローンが人気の理由

さすが銀行カードローン!金利は4.0%〜14.5%
銀行カードローンでも審査は最短30分で完了
ローン契約機を活用すれば22時まで即日融資もできる
提携ATM手数料が0円

 

三井住友銀行カードローン公式サイトはこちら